無印良品のカレー「バターチキン」を食べてみた

ここのところ、「にんじんしりしり」に夢中なれいらです。こんにちは。
間違えて人参を買いすぎてしまったので、なんとか人参だけを大量に消費する方法はないものかと思ったら、この手がありましたね。ってことで、にんじんしりしり。
えっ!にんじんってこんなに一度に食べることあるっけ?あたしって馬だっけ?っていうくらい、たくさん食べられます。
我が家には「しりしり器」がないので、包丁で永遠に続くかと思われる千切りタイムは免れませんが、その苦労はちゃんと報われるのです。だっておいしいんだもん。しりしり。おしりしり・・・(小学生か!というツッコミが予想されますが、言わずにはいられませんでした。すみません。。)

さて。
先日、とあるテレビ番組でレトルト食品のランキングなるものをやっていまして、無印良品のカレーがいくつもランクインしているのを見て、うわぁぁぁ食べてみたい!!!と思い、早速買いに行くと・・・棚はからっぽ。売り切れ御免。
みんな考えることは同じなのね~。
そうなると意地でも食べたくなるもので、違う店舗に行ってみるとありました!!ついでなので、全種類買ってみました。
順番に食べていってみようと思います☆
ただ・・・全部は厳しいので、社長と開発部長も巻き添えにしたいと思います。
ではでは、「無印 カレー駅伝」のスタートです!!

第一弾は、やっぱりこれでしょ。

バターチキン

294円(税込)238Kcalです。
外袋はこんな感じ。無印のパッケージはわかりやすくていいですね。

無印良品 バターチキンカレー

パッケージの説明には、

北インドの定番カレーをお手本に、トマトの酸味と甘みを生かし仕あげました。
バターのコクとまろやかな味が特長です。

と書かれています。

裏側を撮るのを忘れてしまったので、画像ですが・・・。
思いのほか「変な添加物」のようなものが入っておらず、期待がもてます。

無印良品 バターチキンカレー裏

湯せんするか電子レンジで温めるか、という選択肢があるなら必ず「湯せん」を選びますが、会社なので泣く泣くレンチン。。。
断然、湯せんしたほうが美味しいと思います。こういうのは。
で、温めたのがこれ。

無印良品 バターチキンカレー2

3つくらいゴロっとしたチキン(ムネ)が入っています。
カレー自体は、いろんなお野菜やスパイスが溶け込んだ、とっても滑らかでクリーミーです。
今日は、このために白飯持参してまいりました!
ちょっとかために炊いてみましたよー。むふふ・・・

でもまずは、そのまま一口。
ほっほぅ。
おいしいじゃないか。もちろん、本格的なインド料理屋さんには負けるだろうけど、カフェとか普通のレストランなら同じものを提供しても十分いけるんじゃないか、と思えるレベル。300円以下でこれはすごい。
「バターチキン」って、たまに途中でギブアップするほど甘ったるいのに遭遇するけれど、これは適度にスパイシーで適度に甘みがあって、好きな感じです。
ん~~~~うまい。やみつきになる味です。
白米にも合うし、玄米にも合いそう。パンもいいかも。ナンがあったら言うことなし!!

これは売れるはずですね。
なんとオンラインショップでも「在庫なし」となっていてびっくりしました。
テレビの力は大きいなぁ。。。

明日はタイカレーに挑戦してみようと思います。
ごちそうさまでした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Share (facebook)
↓ ブログランキングに参加しています!ポチっと S'il vous plait!!
Facebookページも「いいね!」っとしていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.