崎陽軒のお弁当といえば「おべんとう夏」じゃん?

熱中症なんて注意してれば大丈夫でしょ、ケッと鼻で笑っていましたが、まんまと熱中症にやられて、浜辺に干上がったワカメみたいにでろーんとなっているれいらです。こんにちは。
先日、神奈川新聞花火大会に行って来たんですよ。
弊社では毎年恒例行事になっていて、お昼過ぎに集合して食料やお酒を買いこみ、炎天下、延々と夜を待つのです。
一体なんの苦行か、と思います。・・・まぁ、率先して「行こう!行こう!」と騒いでる張本人が文句を言うな、という話ですが。

紫外線にものすごく弱いので、基本外には出ません。
通勤は仕方ないので、SPF50の日焼け止め&アームカバー&UVカット・遮熱99%の日傘で完全防備しているのですが、そのせいで、弱さレベルMAXなんですよね。
どうしても夏に怪獣と戦わないといけないような状況になったら、できれば体育館(空調付)でお願いします。と土下座しようと思っています。
だって案の定、熱中症で動けなくなって一日無駄にしちゃったんです。
社会人として、それじゃダメでしょ?

さて。
暦の上では立秋ということですが、まさに夏本番!という感じですよね。
ってなわけで、大好評の崎陽軒お弁当シリーズ「ぶらり崎陽軒の旅」第3弾は、この季節限定販売の「おべんとう 夏」にしました。
全然関係ないけど、昔誰かの歌で、「何も言えなくて・・・夏」という歌がありましたよね。

 

おべんとう夏(期間限定:8/31まで)

崎陽軒_夏0

価格は670円(税込)、カロリーは562kcalです。

崎陽軒のサイトでは、

夏に旬を迎える「鯵(アジ)」や「とうもろこし」、「枝豆」、「みょうが」、磯の香りを楽しむ食材などを、趣向を凝らし、暑い夏でも食が進むよう、さっぱりとした味わいに仕上げたお弁当です。
見た目、食感、香りにもこだわり、食べる楽しさを演出しています。
この季節ならではの崎陽軒がお届けする旬の味わいで、夏を涼やかにお楽しみください。

なんて紹介されていましたー。

さっそく開けてみます!

崎陽軒_夏1

ごはんの上に乗ってる緑色のが、見た目にも夏っぽくてさわやか!
コーナーごとに紹介していきます。

まずは、ごはん。
白飯(国産米)に、ちりめんじゃこと青菜の炒り煮がトッピングされています。
絶妙な塩加減で食欲がないときでも、いけそうな感じがします。

崎陽軒_夏2

続いて、看板商品のシウマイ!
2個しか入ってないのが残念ですが、安定した味です。
いつも通り、崎陽軒のシウマイです。

崎陽軒_夏6

次は、メインのおかずコーナー。
左奥が、たけのこ煮。これはシウマイ同様、ほぼ全てのお弁当に入っている人気おかずのひとつなんです。
右奥が、枝豆入りがんもどき煮。
左手前が、出汁巻き卵。それに寄り添うようにして、レンコンと人参の煮物。
右真ん中が、アジのゴマしょうゆ焼き。臭みもなく、美味しいです!

崎陽軒_夏3

次は、箸休めコーナー。
左のカップに入っているのが、くきわかめと寒天ととびっこの酢の物。
これねぇ、ちょっとよくわからないお料理です。見た目、寒天そのまんまじゃんって思うんだけど、味がしみ込んでて変な感じ。
右側の隅に追いやられているのが、きゅうりとみょうがの漬物。
きゅ~ちゃんみたいな普通のお漬物です。みょうがはあまり感じられません。

崎陽軒_夏4

最後は、デザート的?なコーナー。
左から、磯のり入りこんにゃく煮、とうもろこし揚げ、夏みかん風味わらび餅。
なぜこれをお弁当に入れようと思ったのか謎な食べ物です。変に空間あいちゃったから入れといたわよ、的な。

崎陽軒_夏5

えー、なんか微妙なの??って思うかもしれませんが、決してそんなことはなく。
むしろとってもバランスがいいお弁当だと思います。
お肉もお魚もお野菜も取れるし、脂っこいものがなくて夏がテーマなんだなとわかるお弁当です。
その証拠に、夕方には売り切れ店続出らしいですよ!!

帰省のお供にぜひ☆

ごちそうさまでした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Share (facebook)
↓ ブログランキングに参加しています!ポチっと S'il vous plait!!
Facebookページも「いいね!」っとしていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.