「ザ・プリンス箱根」へ連行された件

肉体的にも精神的にも年齢的にもがけっぷちのれいらです。こんにちは。
久しくこんなに働いたことがなかったので、毛細血管とか脳細胞とかがブチブチ破壊されていく音が聞こえるような気がします。
無理だろがー!!と思っていたことでも、やってみると案外できてしまったりして、できちゃうから余計にやることが増えて終わらない・・・というブラックホールを永遠に漂っているような、そんなときに。
仕事をお休みしている場合じゃないことは、千も承知なのですが・・・箱根へ行ってまいりました。

去年から両親と約束して、予約していたので半ば強制連行でしたが、時には無理して休むことも必要なんですね。

箱根は雪の予報があったので、車は断念して電車で行くことにしました。
小田原駅からホテルの無料送迎バスがあって、なんと45分の道のり。
ものすごい山道を、けっこうなスピードで走るので、少しドキドキしました。

で。到着。

箱根プリンス入口

全体像を撮り損ねたのですが、とっても瀟洒な建物で、どうせプリンスホテルでしょー・・・とバカにしていたのを慌てて取り消しました。
ロビーは、ウェディングチャペルとしても利用されるそうで、素敵な空間でした。

箱根プリンスロビー

建物は、本館と新館があるのですが、なんだか複雑な造りなんですよね。
到着したフロントがあるのは、間違いなく「地上」なのに、エレベーターに乗ると「3階」。
本館は、丸い建物二つから成っていて、グルグル迷路のようで、わけがわからなくなります。
レストランは本館のグランドフロア、温泉は新館の地下・・・、お部屋は新館の4階・・・・フロントは本館の3階・・・ほら、もうスパゲッティになってきたでしょ。
ん?そーでもない?
あ、そ。

今回は3人なので、エキストラベッドを入れてもらいました。
お部屋はけっこう広くて、あたたかみのある、素敵な雰囲気です。

箱根プリンス部屋

 

窓下には芦ノ湖が広がっていて、現実逃避にピッタリ。

箱根プリンス部屋からの景色

 

箱根のプリンスは温泉があるのですが、お部屋のバスルームも充実しています。
パノラマで撮ってみました。

箱根プリンスバスルーム

 

夕食まで時間があったので、父は早速温泉へ行き、私と母はお部屋でマッサージを受けたりしながらのんびり過ごしました。
こんなにゆっくりとした時間が流れたのは、どれくらいぶりだろうか。
夢か?幻か?とよだれをたらしそうになりながら、ぼや~っとしました。

さて、旅の一番の楽しみといえば、夕食★ですよねー。
たまには和食が良いねってことで「なだ万」へ。(選択肢は2つしかないのですが・・・)
さっきも書いたけど、レストランは本館のグランドフロア(1階の階下)なので、遠い遠い・・・。

なだ万入口

 

この日の献立はこんな。

なだ万メニュー

う~ん・・・なんか、ぐっとくるものがないような・・・。

まずはビールで乾杯しました。
グラスが有田焼で、一人ずつデザインが違っており、さすが!ですね。

なだ万ビール

 

先付です。
足の高いお椀に入っているのが、小松菜のおひたし。
左側が、ゆず風味の胡麻豆腐にウニと山わさびが乗っかっているもの。
右側が、タコと菜の花に黄身ネーズがかかっているもの。(和がらしが効いていて、ちょー辛い!!)

なだ万先付

お浸しのだしを残していたら、スタッフの方に「おいしいので飲んでください」と言われ、ちょっとビックリしました。
まぁ、実際そんな言い方はされなかったんだけども、なんだかそういうのって強制されるものじゃないよなー・・・。

続いて蒸し物。
ゆず風味の白子豆腐の上に、甘海老の香りがする味噌あんがかかっているものです。

なだ万白子蒸し

なんていうか、茶わん蒸しの上にあんがかかっている感じ。あんに甘海老の姿はないけれど、ものすごく甘海老の味と香りがします。
緑色のは、三つ葉のみじん切り。

次はお造り。
マグロと寒ブリ。

なだ万お造り

普通のお刺身です(笑)

次は煮物。
慈姑饅頭に豆乳あんがかかっているとのことですが、それほど豆乳は感じられず・・・。
「慈姑」というのは「くわい」です。揚げてあるのでフワフワしています。

なだ万慈姑饅頭

 

最後は、焼き物。
金目鯛の味噌庵焼きです。
同時に、御飯と赤だし、香の物もきました。

なだ万金目鯛

今回のコースにはお肉がなかったので、「いかがですか?」とすすめられた豚肉の味噌焼きを注文しましたが、 別になくてもよかったかもしれません。
十分お腹いっぱいになりましたー!

デザートは、グラマラッカ。
なんだそれ?って思いますよね。
調べてみると、ココナッツの樹液を原料とした黒糖で、マレーシアのスイーツには必ずと言っていいほど使われている、地元必需品の砂糖だそうです。
ぇ、砂糖??と思っていたら、アイスクリームでした。

ココナッツミルクにタピオカ、バニラアイスクリーム、ゆであずきが入っていて、黒蜜がかかっています。

なだ万グラマラッカ

いっきに東南アジアに行ったような気分になりましたー。

今回は「なだ万」ということで、とても期待していたのですが、だし、ゆず、あん、みそ・・・と全体的に味が似かよっているお料理が多くて、これといって記憶に残るような、脳から幸せホルモンが出るようなお料理ではなかったなぁというのが、正直な感想です。
とってもおいしかったのは間違いないし、器も素敵だったのですけどね。

夕食のあとは、温泉へ。
露天風呂やミストサウナもあって、広々~していてなかなか良かったです。
いやぁ、露天風呂はやっぱり冬がいいですね。のぼせることなく、長湯できるし。

 

さて。
翌日目がさめると、窓の外は雪景色!!
ひゃー、どうりで寒いはずだ。やっぱり車で来なくて正解でした。

箱根プリンス部屋からの景色2

 

朝食はバイキングでしたが、オムレツはその場で焼いてくれました!3種類の具×3種類のソースから選べたのですが、私はスタンダードに、ハムチーズ×トマトソースにしました。

箱根プリンス朝食

 

この時期の箱根は閑散期なのか、人が少なくていいですねぇ。
プリンスの横には「箱根園」という観光施設があって、いろんなお店や遊覧船、ロープウェー、水族館なんかがあります。

で。
水族館に行ってみました。
ちょうどアザラシのショーが始まります!ということで、雪の降る中外へ。
バイカルアザラシ

バイカルアザラシっていう、淡水に生息する珍しいアザラシだそうです。
なんでも、このアザラシ、あまりショーとかそういうのには向かないそうで、やっとのことで訓練してなんとかここまでこぎつけたそうなのですが・・・。

サーフィン!!!!

バイカルアザラシサーフィン

どう見ても、ビート板持って泳いでるようにしか見えません・・・。

 

つづいて、フラフープ!!!!

バイカルアザラシフラフープ

一頭しかやってないし。輪っかの中で回ってるだけだし。
もう一頭はなぜか輪っかを持って帰ってるし・・・。

 

つぎは一番の見せ場。ジャーンプ!!!!

バイカルアザラシジャンプ

ぇ・・・地味・・・。
棒を超えるんじゃないのね。これでも渾身のジャンプだそうです。かわいいなぁ。

 

ほんで、仲良くチュー★

バイカルアザラシチュー

そこはちゃんとできるんだ(笑)

 

最後は、温泉気分で~

バイカルアザラシ晩酌

ショーと言うには、あまりにもグダグダでしたが、なんだかとっても癒されました。
雪がじゃんじゃん降ってて、ものすごーく寒かったけれど、心はあったまりましたよー。

そんなこんなで、短い時間でしたが、すごくすごく気分転換になりました。
怒涛のスケジュールなのに休みを許可してくれた会社と、のんびりした時間をくれた両親に感謝です。

いったん燃え尽きた感がありますが、今日からまた新たに燃えますよ~!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Share (facebook)
↓ ブログランキングに参加しています!ポチっと S'il vous plait!!
Facebookページも「いいね!」っとしていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.