もっすちーず!モスチーズ!

昨日、社内の「残念会」という名の食事会で、社内公用語を「タメ語」にすることが決まり困惑しているれいらです。こんにちは。
だって、すでにタメ口で話しているのに何も変わらないんですもの。
社長に向かってタメ語なんて、できるかしら・・・。

今日のお昼は、たまには食べたいものを食べてやろうじゃないか!
やってやるぞ!下剋上!!!
ということで、久々にモスチーズバーガーをテイクアウトしました★

あぁ・・・食べたいものを食べたいときに食べる。幸せだなぁ・・・

モスバーガー好き歴はけっこう長くて、初めて食べたのは高校生のときだったかなぁ。
当時、都内に住んでいた姉に連れられて行ったのが最初。
注文を受けて作るから時間がかかるけど、おいしいんだよ~って説明されて、すごくワクワクしながら待っていたのを覚えています。だって、その頃の私は、ハンバーガーと言えばマックかロッテリアくらいしか食べたことがなかったから。
やっと目の前に来たハンバーガーは、カリカリのパンに、ジューシーなハンバーグ、そして何よりもシャキシャキした玉ねぎが入ったトマトソースが衝撃的でした。それ以来、モスが大好きになったのだが、いろいろ変わったなーと思うのです。
一時期は、「モス=時間がかかる」という常識を覆すほどのスピードで提供されることもあったり(私が注文するもの知ってて作ってたでしょ!って思うくらいの)、パティが牛と豚の合いびきになったり、ソースの味が変わったり、バンズが変わったり・・・。

ところで。
モスと言えば、MOSって書くんだけども、MはMountain(山のように気高く堂々と)OはOcean(海のように深く広い心で)SはSun(太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って)という意味だって知ってた?知らなかったよね。私もついさっき知った。Wikipediaで。

そんなことはさておき、モスチーズです。

モスチーズバーガー

私の好きな食べ方としては、注文の仕方が重要で。
まず、オニポテセットにして、ドリンクはスープ系にします。
ほんで食べるときに、このあふれ出したトマトソースをポテトですくって食べたりします。
それでもすくいきれなかったソースを、最後にスープについてくるスプーンを使って食べるのです。
美しくキレイに残さず食べることができます。
これ、さいきょー。いぇぃ。

それにしても。
スープをクラムチャウダーにしたのですが、クラムが見当たらない!!
クラムどこ行った!?
・・・そういえば、去年はセットのドリンクをクラムチャウダーにする場合は、+アルファいくらかかかっていたのに、今年はセット料金内でいけちゃうみたい。それでクラムがいないのか?
う~~~ん・・・

ちなみに昨日の残念会は、横浜駅きた西口から徒歩数秒!の「みなと寿司」でやりました。
キレイなお店じゃないんだけど、お座敷があって、手頃な値段で普通においしいお寿司が食べられるから、割とおすすめです。
昨日は、なめろうと地タコのつまみ、炙り生サンマのオリーブオイルサラダ仕立て(なんちゅーネーミング)そして、お寿司は「おきまり」で、特上にぎりにしました。

みなと寿司 特上にぎり

これ、なんとお椀つきで1580円!!安い!!
大トロがトロ過ぎてげんなりだったけど、ほかは美味しかったです。
そ・れ・に。開発部長がうにをくれたんです!!!うきゃーーーっっ
代わりにいくらをあげました。
「残念会」だった割には、楽しかったです。社長が酔っ払って靴をはくのに時間がかかっていたのには、笑いすぎてお腹がよじれました。あれで無事に帰れるんだから不思議ですネ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Share (facebook)
↓ ブログランキングに参加しています!ポチっと S'il vous plait!!
Facebookページも「いいね!」っとしていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.