横浜関内の「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」でランチ

お腹がとってもよく空くようになってきて、秋の到来を感じているれいらです。こんにちは。
猛暑のときは、かなり燃費がよくエコ運転だったのになー。

 

さて、近頃めっきりさぼっていたボナペティシリーズですが、またちょびちょびやっていこうと思っております。以前は、横浜駅周辺をメインで紹介していましたが、今後は関内エリアをメインでウロウロするつもりです!
>> ボナペティ横浜シリーズ

本当は、スパニッシュランチをするつもりで出かけたのですが、「本日のランチ」リストがなんでか気分じゃなくて、まさにウロウロすることに・・・。
関内って、役所系や金融系のオフィス街なのですが、夜の顔は一変して飲み屋街になるんですよねー。
飲み屋さんや高級店がランチをやっていたりして、看板で見る限りはおいしそうなんだけど、女の子だけだとちょっと入りづらい。ぇ?あぁ、一応女の子ってことにしといてよ。そこ引っかからないでね。
そういうお店は、社長とか開発部長とか連れてるときにしようっと。(一番偉いのは誰だ!?)

 

というわけで。もう何年も前からずーっと気になっていたお店の前に漂着して、ドキドキしながら入ってみることにしました。

 

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

まずね、「大学院」ってなんだ??ってところからですよ。「大学」じゃいけなかったのか。
そして、「ルミエール・ド・パリ」(パリの光)って何の関係が・・・

大学院01

ネオンがチカチカしてます・・・。
恐る恐る入口へ。

 

大学院02

三つのサービスなるものがあるらしいのですが、
1.金曜日にはキングスペシャルサービス

へー、スペシャルだし王様ってくらいだから、なんかすごいサービスなのかな。

2.水曜日にはクィーンサービス

スペシャルじゃないけど、気品あるサービスなのかな。

3.雨の日にはレインサービス

まんまかぃぃぃっっ!!!!

・・・と入る前から突っ込みどころ満載。甲冑に挨拶しつつ、いざ!

 

店内にはけっこうお客さんがいたので写真は控えましたが、
昔ながらのちょっとゴージャスな喫茶店、という感じです。
ランチ時なのに、喫煙可のお店って珍しいなぁ~と思っていたら、禁煙席は奥だと案内されたのは、
いったん外(建物の中だけどお店の外)に出て、さらに進み、「特別室」と書かれたさっきより3割増しくらいゴージャスなお部屋でした。ピアノが自動演奏で迎えてくれます。

それこそ、王室のアンティークグッズ!みたいなインテリアで、なんて言ったら伝わるかなー。
貴婦人が集う、サンルーム+ティーサロンみたいな、大理石と真鍮とシャンデリア祭り!みたいな。
うーん・・・語彙が貧困でまいっちゃうなぁ。わかります?わかりませんよね・・・
とにかく、並々ならぬこだわりを感じる空間なのです。全く違う世界に瞬間移動した気分になります。

さて、肝心のランチメニューは4種類!(グランドメニューからもサンドウィッチとか注文できるみたい)

大学院03

ザ・喫茶店っていうメニューで、期待を裏切らないし、どれもグッときます。
カレーは「幸福の味」、ハンバーグは「崇高の味」、ミートソースは「魅惑の味」、エビフライは「最高の味」というコピーがついています。
「崇高」なハンバーグと迷いましたが、やっぱり「限定20名」と「最高」の言葉にキューンときて、やっと注文するところまでたどり着きました・・・。

 

待っている間に、食事の用意を。
なんだか、懐かしい感じです。小さい頃行ったレストランみたいな。

大学院04

あー、楽しみ!どんなのが来るんだろーなー。

 

ん??

なにやら視線を感じる。

・・・コイツか!

大学院05

テーブルの上に、なぜライオン・・・。めっちゃ見てるし。
そういえば、ロンドンのトラファルガースクエアにこういうのいるよね。全然関係ないけど。

 

けっこう待たされたので、しっかり作ってるんだろうなぁ~とワクワクしてると、きた!!!

 

仏蘭西風エビフライ(ライス&コーヒー付) 1,300円(税込)

 

大学院06

いやぁ、なんて素敵な景色!
まっすぐだけど、尻尾だけがちょっと跳ね上がっている、この完璧なエビフライ!!!!
少しのソースと多めのタルタルソースのコントラストが素晴らしいです。
見ただけで、サックサクなのがわかります。

前に、エビフライが好きなのか、タルタルソースが好きだからエビフライが好きなのかっていう話をしましたが、ほんとにそれくらいタルタルソース、LOVEです。
マヨネーズにピクルス刻んで入れただけのも嫌いじゃないですが、ちゃんとゆで卵とか玉ねぎとか入っていて、しかもゆるめなのが特に好きです。

見てこれ、完璧。

大学院07

さぁ、ナイフを!

大学院08

海老が太くてぷりっぷり!ぶりっぶり!
そして、想像通りのサックサク!

ぷりぷりぶりぶりさくさくとろーん

こういうメニューのとき、基本的に白メシはほとんど食べないのですが、
このソース、洋食なのにすごくごはんに合う、のに、家庭料理レベルではなく本格的。
レストランで食べたら2000円は超えそう。

付け合わせのニンジングラッセも、私好みでした。

あー幸せ。幸せすぎる。エビフライ最高!秋最高!!

あぁ、そうか。だから「最高の味」なのね。

食後にコーヒーがついていたのですが、いつもなら絶対ホットだけど
なんとなく、アイスコーヒーにしてみました。

コーヒー専門店のアイスコーヒーって、すごく美味しいじゃないですか。
ここは「コーヒーの大学院」っていうくらいだから、きっとコーヒー界のトップクラスなんじゃ??

なんと、銅製のカップで登場!

大学院09

ひんやり感がすごい。さすがだなぁ、銅。
肝心のコーヒーは、酸味はほぼなく、きりっとした苦みとコクが私好みです。
最初はそのまま、半分くらい飲んだところで少しミルクを入れると、2度楽しめます。
そんじょそこらのランチについてくるコーヒーとは、別格ですね。さすが。

 

でもさぁ。
なんかやっぱり変じゃない?

長過ぎじゃない?このストロー・・・・

 

大学院10

 

何気なく伝票を裏返してみたら、
コーヒーのおいしさの秘密が書いてありました。

大学院12

なるほどなー、納得。

 

今まで、怪しいなぁと思って通り過ぎていた「コーヒーの大学院」ですが、
なんだかとっても気に入ってしまいました。
ランチメニュー全制覇目指して、また来よーっと。次はハンバーグかな(実はこれが一番おススメらしい)。

そういえば、今気が付いたけど。
「ボナペティ関内」の第1弾も海老だったな。まさかの海老かぶり!
ひー

 

**************
*    お店情報    *
**************

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ
住所:神奈川県横浜市中区相生町1-18 (横浜スタジアム斜め前)
営業時間:月~金 8:00~21:30
土 10:30~21:30
定休日:日曜・祝日
TEL:045-641-7750

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Share (facebook)
↓ ブログランキングに参加しています!ポチっと S'il vous plait!!
Facebookページも「いいね!」っとしていただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.